交通事故の時、証拠映像として役立つドライブレコーダーを徹底分析!

menu

ドラレコ比較.com

LATEST ENTRIES

ドライブレコーダーの音声録音機能の必要性とは

ドライブレコーダーの音声録音機能の必要性とは?

ドライブレコーダーの多くは音声の録音機能も備わってます。 実際、ドライブレコーダーで撮影した画像が動画サイトに投稿されていることがありますが、そのほとんどは車内の音声も記録されていますよね。 しかし、「会話が他人に聞かれる」「ど…

ドライブレコーダーのGPSの必要性と干渉問題

ドライブレコーダーにおけるGPSの必要性と干渉問題

今やカーナビやスマホの地図アプリには欠かせないGPSですが、ドライブレコーダーにもGPSが装着されている機種が多数あります。今回はドライブレコーダーに搭載されているGPSについて解説していきましょう。 GPSってどうやって記録されるの…

パーキングモード付きドライブレコーダーのおすすめと機能比較

パーキングモード付きドライブレコーダーのおすすめと機能比較

「どうせ車内にカメラがあるなら、当て逃げ対策としても活用したい。」と思われる方も多いはず。 そこで今回は「パーキングモード(駐車監視)」について解説していこうと思います。 まず、パーキングモードと一口に言っても撮影方法によって大…

ドライブレコーダーの映像は裁判で証拠になるの

福井地裁「無過失が証明できなければ賠償せよ」 あなたは、もらい事故のとき無過失を証明できますか?

みなさんは交通事故が起きたときに「自分に落ち度(過失)は無かった」と言うことをどうやって証明しますか? 2012年4月に福井県の国道で発生した正面衝突事故を巡って、2015年4月福井地裁で波紋を呼ぶ判決がありました。 まず、事故…

リアカメラの映像

ドライブレコーダーでリアカメラは必要なの?

一般的なドライブレコーダーは前方のみを撮影する1カメラとなっています。 しかし、バス・トラック・タクシーなど事業者向けのドライブレコーダーは、左右ミラー・後方・客席にもカメラが取り付けられており、ほぼ全方位にわたって撮影しています。 …

事故映像を自動で保護するGセンサーとは

事故映像を自動で保護するGセンサーとは?

ドライブレコーダーの映像は市販のビデオカメラとは異なり繰り返し録画されています。 繰り返し録画されているため、事故発生時の映像を保存しないと上書きされてしまう可能性があります。しかし、事故発生時は一瞬パニックになってしまうため保存する…

ドライブレコーダーでLED信号が消える現象を防ぐには

ドライブレコーダーでLED信号が消える現象を防ぐには

イザと言うときの映像を記録するドライブレコーダーですが、LED信号機を撮影すると機種によっては信号機の灯火が真っ暗だったり、点滅した状態で撮影されるのはご存知でしょうか? これはドライブレコーダーに限らず、市販のビデオカメラでも同じよ…

ドライブレコーダーの映像は裁判で証拠になるの

ドライブレコーダーの映像は裁判で証拠になるの?

「客観的な証拠となる」と言われるドライブレコーダーですが、裁判ではどのような扱いを受けるのでしょう? 今回はドライブレコーダーを取り巻く裁判・保険事情を掘り下げてみます。 よく、インターネットでは「デジタルの映像は加工ができるの…

ドライブレコーダーを選ぶ時、画素数がどれくらいだとナンバーが読み取れるの

ドライブレコーダーを選ぶ時、画素数がどれくらいだとナンバーが読み取れるの?

ドライブレコーダーを選ぶ上で大切なのが「画質」です。 例えば、当て逃げなどトラブルが発生したときは相手車両のナンバーや車種を控えることが肝心となりますが、いざ当て逃げをされると一瞬放心状態になってしまい、記録することを忘れてしまいます…

ドライブレコーダーのSDカードは容量が一杯になったらどうするの

ドライブレコーダーのSDカードは容量が一杯になったらどうするの?

ドライブレコーダーは「車専用のビデオカメラのようなもの…」と理解すればわかりやすのですが、スマホや市販のビデオカメラで映像を撮影するとどうしても「記録容量」の問題が生じます。 市販されているビデオカメラやスマホの場合、ディスクの容量が…

さらに記事を表示する

交通ニュースをチェック