交通事故の時、証拠映像として役立つドライブレコーダーを徹底分析!

menu

ドラレコ比較.com

ドライブレコーダーを選ぶ時、画素数がどれくらいだとナンバーが読み取れるの?

ドライブレコーダーを選ぶ時、画素数がどれくらいだとナンバーが読み取れるの

ドライブレコーダーを選ぶ上で大切なのが「画質」です。

例えば、当て逃げなどトラブルが発生したときは相手車両のナンバーや車種を控えることが肝心となりますが、いざ当て逃げをされると一瞬放心状態になってしまい、記録することを忘れてしまいます。

このようなとき、当事者の記憶だけではなくドライブレコーダーの映像が捜査関係者の資料に役立つわけですが、画質が悪く肝心のナンバーが読み取れていないと捜査も難航を余儀されるでしょう。

また、保険や司法問題に発展したとき相手車両のナンバーが記録できていると証拠能力が自然と高まります。もちろん、捜査・保険・司法関係者がドライブレコーダーの映像をどこまで採用するかはケースによって異なりますが、より精度の高い映像を記録しておいて損はありません。

おすすめ画質は「FHD」

ドライブレコーダーの画質は大きく三つにわけられます。

ドライブレコーダーの画質イメージ

現在販売されているドライブレコーダーの大半は「Full HD(FHD)」と呼ばれる画質です。次いで「HD」「VGA」となりますが、イザと言うときのことを考えると、FHD以上の機種を選んだ方が賢明です。

ただ、最近の発売されている機種のほとんどはFHD以上が一般的で、FHDの約1.8倍の高解像度を誇る『WQHD(Wide Quad HD)』も登場していますので、将来的に画質の心配はなくなりそうです。

▼VGAの画質例(参考画像)
ドライブレコーダーVGAの画質

▼FHDの画質例(トランセンド公式動画)

いかがですか?
こうやって見ると画質の重要度がわかりますよね。

画素数はどうなの?

さて、店頭では「FHD」「HD」などの規格ではなく、「300万画素」と画素数で表示しているケースが非常に多いです。「このドライブレコーダーは200万画素」と言われてもピンッと来ませんよね。

もし、画素数を基準にしてドライブレコーダーを選ぶ場合、最低でも200万画素以上のものを選んだほうが良いでしょう。

現在のスタンダードは「約200~300万画素(FHD)」です。

さきほどのVGA画像は大体30万画素ですから、トランセンドの動画(300万画素)と比べるとその差がおわかりいただけると思います。

もちろん、高画質であっても速度・レンズなど条件によってはボケてしまう可能性もありますが、高画質のドライブレコーダーを選んでおけばナンバーが読み取れないと言うリスクは下がりますので、画素数も重要なポイントのひとつと言えるでしょう。

画像解説
ケンウッド DRV-830(2017年11月)
●高画質WQHD ●LED信号対応 ●駐車監視 ●白飛び防止 ●SDカード2枚対応
amazonで価格をチェックする
コムテック ZDR-015(2017年9月)
●FHD ●後方撮影 ●LED信号対応 ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
パナソニック CA-XDR72GD(2017年7月)
●FHD ●LED信号対応 ●駐車監視
amazonで価格をチェックする
コムテック HDR-351H(2017年1月)
●FHD画質 ●LED信号対応 ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
ケンウッド DRV-630(2016年3月)
●FHD画質 ●LED信号対応 ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
THINKWARE DASH CAM F750(2016年12月)
●FHD ●Wifi操作可能 ●駐車監視 ●増設により後方撮影可能 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
ユピテル DRY-ST3000P(2017年6月)
●FHD ●LED信号対応 ●GPS ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
コムテック HDR-352GHP(2017年1月)
●FHD ●GPS ●LED信号対応 ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
PAPAGO GoSafe GS30G-32G(2017年1月)
●FHD ●LED信号対応 ●GPS ●駐車監視 ●白飛び防止
amazonで価格をチェックする
2017年11月版

※仕様はメーカーHPにてご確認ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事